着物買取評判口コミ

\評判の着物買取サービスなら/

トップページ > 宮崎県

着物が増えたから整理したい…
もらった着物だから捨てられない…
祖母の遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、宮崎県内でもう不要になってしまった着物や振袖、和装小物を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれる着物買取サービスをご紹介しています。

着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

せっかく着物を売るなら、できるだけ高値で売りたいですよね。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、持込買取は大切な品物を運ぶリスクに加え、買取価格に満足できない場合には断りづらいといったデメリットがあるからです。

反対に出張買取や宅配買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいと言えます。

特に、宅配買取なら送料無料で品物を送れるのはもちろん、査定員と顔を合わすことなくやり取りできるため、買取価格に満足できなければきっぱりと断ることが出来ます。

相場より低い価格で不当に買い取られる心配が少ないため、なるべく出張買取や宅配買取の利用をおすすめします。

評判で選ぶおすすめ業者は?
\着物買取評判ランキング/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 国内最大級の買取業者
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

和装小物もまとめて査定OK
買取方法出張買取
宅配買取
持込買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時は着払いにてお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 国内大手の買取業者
  • 着物買取のプロが査定

【買取対象品はこちら】
作家着物、訪問着、黒留袖、帯などの和装品など

買取プレミアムでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
柄や色が古い着物、汚れやしわが付いてしまった着物、帯締め・草履やバッグなどの和装小物、証紙や証明書がない着物、価値のわからない着物

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類

24時間365日対応可能
買取方法出張買取
宅配買取
店舗買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送料が別途必要)
  • 宅配買取の送料無料
  • 着物鑑定士による査定で安心
  • 他社で断られたものでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、色無地、作家物、小紋など

福ちゃんでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
色褪せた着物、虫食い穴のある着物、シミ・汚れのある着物、証紙がない着物、和装小物、反物、帯、紋付

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票(発行から3か月以内の原本)などの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要な着物を処分したい方のために、おすすめの着物買取サービスをご紹介しました。

タンスに眠っている着物をそのままにしている方は、この際着物買取サービスを利用してスッキリ整理してみてはいかがでしょうか。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介している着物買取業者は、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

宮崎県の方向け着物買取によくあるQ&A

こちらでは、着物買取サービスの利用を検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

こちらでご紹介しているバイセル買取プレミアム福ちゃんであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

着物買取の基礎知識コラム

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、近所に店舗がなかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

困ったときは、和服専門店の出張買取を利用すれば、あっというまに解決です。

電話するだけという手軽さが魅力ですが、ただ、業者基準の量に満たないときは、宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、連絡するときに確認しましょう。

いろいろあって、売ることになった着物を高く買い取ってもらうために手間を惜しまないなら、複数の業者から査定を受け業者ごとの金額の違いを調べてください。


査定後のキャンセルができる業者を利用した方がいいでしょう。査定額を比べて、検討した後、高いだけでなく信頼できる業者に話を持って行くために査定時に言われた様々な条件もそこを十分確認してから決めましょう。

着物買取に査定してもらうときは、喪服だけは気をつけなければいけません。



一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。
年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、着る機会が限られる喪服の需要は僅少だからです。

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買う業者さんもないわけではないので、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。


形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。確定申告は必要なのか、気になるところです。
普通、着物は生活必需品とみなされ、買い取りも課税対象ではないのですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので簡単に割り切れない問題です。少しでも気になるなら、申告漏れのトラブルを避けるためにも最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。
誰もがネットに接続できるようになった最近では、かつてはわからなかったような情報もたやすく知ることができ、便利になりました。


ただ、どんなことにも言えますが、それなりの値段のする着物買取などは、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。
1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、多少の手間は不可欠です。



着物買取の前には必ず査定がありますが、持ち込みも出張買取査定も行っているとして、どちらを選んだ方がいいかといえば、できればお店へ持って行きましょう。
思ったよりも安い査定額だった場合、他のお店の査定に持って行きやすいからです。着物買取の際に気を付けておきたいのが、相場より低い査定金額で不当に買い取られるケースです。


悪徳業者にはくれぐれも注意が必要になります。


とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張でも無料査定を行い査定額によっては、買取を断ることもできるとはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。



その中で、買い取りのとき高額な値段がつく可能性が大きいのは産地の名を冠するブランドものです。大島紬、あるいは本場黄八丈といった昔から着物好きな方に愛されてきた有名産地の品なら買い手も多いので査定額も平均して高いようです。


着物の状態がいいことは前提条件で、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。和服を売却する機会はそうそうないでしょう。具体的に処分を考えたら、高額な値段で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。サービスが充実していて高値買取してくれそうな業者というのをリストアップして、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比較します。買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、納得のいく取引ができるでしょう。着物の価値を評価してもらうためにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。
反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、決められた基準を満たすことについて公に証明している登録商標のしるしです。

買ったときに証紙を捨てる方だのきちんと保管していない方もいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。以前は街の質屋さんでは着物を扱うことが珍しくなかったのですが、現在は扱うところとそうでないところがあるので、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いてみたほうが無駄足にならずに済むでしょう。


また、着物買取を専門にした業者もあり、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。



といっても知っている店がないという場合は、ネット検索で容易に見つけられますし、訪問や宅配便での査定もできるようです。

宮崎県の方向け着物買取に関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

宮崎県で着物の高価買取なら