着物買取評判口コミ

\評判の着物買取サービスなら/

トップページ

着物が増えたから整理したい…
もらった着物だから捨てられない…
祖母の遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物や振袖、和装小物を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれる着物買取サービスをご紹介しています。

着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

せっかく着物を売るなら、できるだけ高値で売りたいですよね。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、持込買取は大切な品物を運ぶリスクに加え、買取価格に満足できない場合には断りづらいといったデメリットがあるからです。

反対に出張買取や宅配買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいと言えます。

特に、宅配買取なら送料無料で品物を送れるのはもちろん、査定員と顔を合わすことなくやり取りできるため、買取価格に満足できなければきっぱりと断ることが出来ます。

相場より低い価格で不当に買い取られる心配が少ないため、なるべく出張買取や宅配買取の利用をおすすめします。

評判で選ぶおすすめ業者は?
\着物買取評判ランキング/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 国内最大級の買取業者
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

和装小物もまとめて査定OK
買取方法出張買取
宅配買取
持込買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時は着払いにてお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 国内大手の買取業者
  • 着物買取のプロが査定

【買取対象品はこちら】
作家着物、訪問着、黒留袖、帯などの和装品など

買取プレミアムでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
柄や色が古い着物、汚れやしわが付いてしまった着物、帯締め・草履やバッグなどの和装小物、証紙や証明書がない着物、価値のわからない着物

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類

24時間365日対応可能
買取方法出張買取
宅配買取
店舗買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送料が別途必要)
  • 宅配買取の送料無料
  • 着物鑑定士による査定で安心
  • 他社で断られたものでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、色無地、作家物、小紋など

福ちゃんでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
色褪せた着物、虫食い穴のある着物、シミ・汚れのある着物、証紙がない着物、和装小物、反物、帯、紋付

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票(発行から3か月以内の原本)などの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要な着物を処分したい方のために、おすすめの着物買取サービスをご紹介しました。

タンスに眠っている着物をそのままにしている方は、この際着物買取サービスを利用してスッキリ整理してみてはいかがでしょうか。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介している着物買取業者は、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取によくあるQ&A

こちらでは、着物買取サービスの利用を検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

こちらでご紹介しているバイセル買取プレミアム福ちゃんであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

着物買取の基礎知識コラム

タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえれば本当にラッキーだと思います。
新しくて傷みがなければ、高値買取の期待も持てます。流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば査定金額にびっくりすることもあるかもしれません。反物の状態であっても着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。



反物のままでも遠慮なく買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は時々見かけます。

高価な着物を捨てるのは気が引けますし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。

着物買取の際に気を付けておきたいのが、相場より低い査定金額で不当に買い取られるケースです。悪徳業者にはくれぐれも注意が必要になります。



着物の買取専門店は何軒もありますが、全国から買取をしている友禅市場はいかがでしょうか。
査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。
見積りだけの利用もできます。



この着物に、どれだけの価値があるかと思っている方はこの店のことを調べてほしいと思います。着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。
私が見聞きしたところでは、出張買取査定(買取)を頼んだら、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。


詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。
誠実な業者であれば、このような行為は無縁でしょう。一般的に高価な和服。
買取業者で処分する際も、誠実な買取業者を選ばなければ、買い叩かれてしまうこともあります。
よくある和服買取業者への苦情といえば、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配買取で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。

業者の評判を調べ、吟味した上で査定を依頼し、また、中身の写真を撮っておくというのも後々役に立つかもしれません。多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も買い取りもできるので、聞いてみましょう。セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢を下着だとみるところが多く未使用でなければ需要はありません。例外もいくつかあります。たとえば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などはうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。着物専門の買取業者さんというと、宅配便を利用するのが最近では増えているみたいですから、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、誠実な業者さんを探したいと思っています。


中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、先に確認してから問い合わせしてみようと思います。

和服買い取り専門業者の中で迷っているなら、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。


相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、365日?24時間、オペレーターが待機していますから、普段忙しい方でも気軽に相談できるんです。

もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。出張買取査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。気軽に相談できますね。もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、高く買い取ってもらうには何が必要かポイントを探ってみました。
ブランド品や、上等な品ならばというのは最低限要求されます。その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も査定価格を左右するようです。



素材も色柄も、仕立ても良い品だとしても査定で傷を発見されると査定額は大幅に下がるようです。



着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。着ることによる傷みはなくても経年劣化は多少なりともあるので状態は確実に悪くなっていきます。使用済か未使用かではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。


未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないといった着物がご自宅にあれば、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。着物買取の際に気を付けておきたいのが、相場より低い査定金額で不当に買い取られるケースです。

悪徳業者にはくれぐれも注意が必要になります。タンスの奥で長いこと眠っている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。中でも、振袖はお袖が長い分だけ、他の着物より格段に手がかかります。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、いっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。生地や色柄、仕立てがいいものなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

着物買取に関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら