着物買取評判口コミ

\評判の着物買取サービスなら/

トップページ

着物が増えたから整理したい…
もらった着物だから捨てられない…
祖母の遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物や振袖、和装小物を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれる着物買取サービスをご紹介しています。

着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

せっかく着物を売るなら、できるだけ高値で売りたいですよね。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、持込買取は大切な品物を運ぶリスクに加え、買取価格に満足できない場合には断りづらいといったデメリットがあるからです。

反対に出張買取や宅配買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいと言えます。

特に、宅配買取なら送料無料で品物を送れるのはもちろん、査定員と顔を合わすことなくやり取りできるため、買取価格に満足できなければきっぱりと断ることが出来ます。

相場より低い価格で不当に買い取られる心配が少ないため、なるべく出張買取や宅配買取の利用をおすすめします。

評判で選ぶおすすめ業者は?
\着物買取評判ランキング/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 国内最大級の買取業者
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

和装小物もまとめて査定OK
買取方法出張買取
宅配買取
持込買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時は着払いにてお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 国内大手の買取業者
  • 着物買取のプロが査定

【買取対象品はこちら】
作家着物、訪問着、黒留袖、帯などの和装品など

買取プレミアムでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
柄や色が古い着物、汚れやしわが付いてしまった着物、帯締め・草履やバッグなどの和装小物、証紙や証明書がない着物、価値のわからない着物

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類

24時間365日対応可能
買取方法出張買取
宅配買取
店舗買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送料が別途必要)
  • 宅配買取の送料無料
  • 着物鑑定士による査定で安心
  • 他社で断られたものでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、色無地、作家物、小紋など

福ちゃんでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
色褪せた着物、虫食い穴のある着物、シミ・汚れのある着物、証紙がない着物、和装小物、反物、帯、紋付

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票(発行から3か月以内の原本)などの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要な着物を処分したい方のために、おすすめの着物買取サービスをご紹介しました。

タンスに眠っている着物をそのままにしている方は、この際着物買取サービスを利用してスッキリ整理してみてはいかがでしょうか。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介している着物買取業者は、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取によくあるQ&A

こちらでは、着物買取サービスの利用を検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

こちらでご紹介しているバイセル買取プレミアム福ちゃんであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

着物買取の基礎知識コラム

思い出や思い入れの詰まった着物を少しでも高値で買い取ってもらいたいと思うのは当たり前です。一軒の業者だけで済ませず、何軒かで査定してもらいどの業者が一番高く買い取ってくれるか調べましょう。


ですから、はじめから査定後に買取キャンセルできる業者を訪ねることをすすめます。査定額の比較を終えて、一番高額な値段の信頼できる業者に買い取ってもらえるように買取の条件を査定のときに言われたら、それも比較検討の材料にして、決めるといいでしょう。

着ないままタンスにしまってある着物は案外多く、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もあちこちで見受けられます。着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと誰でも疑問に思うでしょうが、ずばり、訪問着が一番高く売れます。幅広い年齢層からの需要があるのは訪問着で、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。
訪問着で、手放してもいいものがある方は、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。
最近はリサイクルが浸透してきたおかげで、着物の買取を行う業者が増えてきているようです。

着物買取の際に気を付けておきたいのが、相場より低い査定金額で不当に買い取られるケースです。悪徳業者にはくれぐれも注意が必要になります。

ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、もっとも気をつけるべきなのは、普通の買取業者を装って、宅配等で商品を詐取したり、宝石や貴金属などと無理やり併せて買い取るといった詐欺まがいの営業をしている業者もあるという事実です。
祖母が遺した着物があったので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。


私たちが何度も着るような着物はなく、このまま日の目を見る機会がないのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

着物買取の際に気を付けておきたいのが、相場より低い査定金額で不当に買い取られるケースです。

悪徳業者にはくれぐれも注意が必要になります。
一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが一点で高額な値段がつくようなものはなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。
でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。着物など値の張るものを買取に出す際、値段が心配になりますよね。


ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。



しかし中古品といっても和服の場合は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。



姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。和服専門の査定士を置く業者さんに査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。


和服の買取というと、宅配便を利用するのが最近では珍しくないようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物を引き取ってもらおうと考えています。サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、誠実な業者さんを探したいと思っています。

中古品の売買には警察署への届出が必要なので、とりあえずそれを確認してから査定をお願いするつもりです。

着物買取の際に気を付けておきたいのが、相場より低い査定金額で不当に買い取られるケースです。悪徳業者にはくれぐれも注意が必要になります。着る人がいない着物を処分する際は、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、新品でも安価で売られているため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、引き取れないと言われることもあるようです。リサイクルショップのほうが買取金額がつくことも多いですね。
着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらずそれに合った小物類、帯締めや帯揚げなどもセットで売ることもできます。それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは業者によっては買い取りの可能性があります。
他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。



古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方も少なくないでしょう。

可燃ゴミにはしたくないものですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。

もし着物を売りたいなら、専門業者の中ではどこからでも買取を受け付ける友禅市場をおすすめします。
査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。見積りだけの利用もできます。


着物を売りたいと考えている方はこの店のことを調べてほしいと思います。
最近は手軽にネットにアクセスできるようになり、かつてはわからなかったような情報も簡単に知ることができるようになりました。
ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。

大事にしてきた着物を処分する際は、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、ふるいに掛けてから、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。
思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、手間や時間がかかることは仕方ないです。



着物買取に関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら